プロフィール

yuka118

Author:yuka118
家族は夫、5歳の長男と2歳の長女の4人暮らし。子育てしながら2010年に購入したマイホームの収納やインテリアのこと、家族のこどなど綴っていこうと思います。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ランキング参加中!


ESSE web

プラチナバッジ

季節用品お買い物


名古屋のお店

観葉植物 Plants Shop Bouquet                                            花と雑貨 atelier trefle アトリエ トレフル

日本ブログ村


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


楽天カード


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。


結婚してから約6年程使っていたまな板。

購入当時は深く考えず、プラスチックのものを選んだと思います。

知っている知識といえば、木製のものはプラスチックより細菌が発生しやすいってことくらい。

なのでプラスチックでいいか~くらいでここまできた感じです(^_^;)



けどここ半年くらい、木製のまな板が欲しいなぁと思いはじめました。

理由は、立てかけた時なんかの見た目がかなり大きいかな^_^;

正直お手入れは大変そうですが、熱湯消毒くらいなら私にもできそう。

時々クエン酸とか使えばいいのかな。

けどお手入れも真剣に選んで購入したものって、結構愛着がわくので、そこまで面倒くさくならないと最近思うようにもなりました。



木製といっても材質・種類もたくさんで、値段もピンキリでかな~り迷いました(>_<)


桐のまな板。厚みが36ミリあり自立します。




ラバーゼ ゴム材を使用したまな板。正方形。




いちょうの木のまな板。厚み2.5センチ。




青森ヒバのまな板。厚み3.3センチ。 (薄型もあり)




いちょうの木のまな板。厚み3センチ。




浮かせ両面まな板。まな板の下面が直接調理台に触れない。




材質も桐、いちょう、ひのき、柳いろいろあるし、どれにも刃あたり良い・水はけよし・抗菌効カビって書いてあるので、ホント迷いすぎて頭痛くなってきました。


そんな中で決定したのは、、、


福井賢二さん作のいちょうの木のまな板。

決定理由の大きいところはデザイン&なんとなくいちょうの木に魅かれたっていうのもあり。

あと種類やサイズが豊富だったので、使い勝手がよかったら一回り小さいのを買い足すこともできるので。



いちょうの木
・イチョウの木は成長が早く年輪が少ないため、柔らかく、弾力性もあり、跳ね返す力を持っています。そのため、刃あたりがよく包丁を痛めず、まな板にも傷がつきにくいのです。
・イチョウの木には適度な油分があるため、水分を吸い込みにくく、水はけが良いのです。
・イチョウは、柔らかいため、削り直しが簡単にできます。
・イチョウは材質が均一で、葉が幹から直接出るため大きな節がありません。



ようやく購入に至れてホッとした感があります(^_^.)

また使用感などもお伝えできればと思います。


種類やサイズが豊富☆


今日も最後までおつきあいありがとうございます。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
どちらかクリックしていただけると嬉しい限りです♪

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuka118.blog.fc2.com/tb.php/79-c15d6b48

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。